レディー

脳梗塞の症状に気づくポイント|後遺症が残る重大な病気です

体のマヒが出たら

診察

脳に分布している血管に、血栓などができ脳細胞が死んでしまう状況になってしまうのが脳梗塞です。早い段階で発見されて薬を投与することで、脳内にできた血栓を溶かしてしまうことも可能になっていて、これらの方法で一命を取り留める人も多くいます。脳梗塞は細胞が死んでしまった場所によって、いろいろな症状を引き起こしていきます。症状は障害された場所によって全く違ってきます。よく見られる症状が手足が動かなくなる運動麻痺です。多くの場合片側の上肢、下肢で力が入らなくなってしまいます。そのほかに小脳に梗塞が起きると平衡感覚がなくなり、普通に歩くことが困難になります。言語中枢に障害が起こってくると言葉が出てこなくなったり、話している内容が理解できなくなってしまいます。

軽症から中程度の脳梗塞の症状であれば、いろいろな機能の回復を図ることによって後遺症がほとんど見られなくなるまでに、回復することも可能になっています。ですが大きな後遺症が残った時には、リハビリを行っても脳梗塞になる以前の状態になるまでに回復することは大変に難しくなります。脳梗塞をすでに発症してしまった人は、その再発率が非常に高くなっています。最初の発作を乗り切ったとしても、そののちもきちんと医療機関で投薬を続けていく必要が出てきます。常に前向きに病気と立ち向かっていくことが非常に大切になってきます。重症になった時や再発した時には、そののち寝たきりになることが多く介護が必要になり、家族への負担が大きくなっていきます。

脳卒中の病気の1つ

横になる女性

脳梗塞は脳の血管が詰まったり、破れることにより脳に酸素や栄養がいかなくなり、脳細胞が壊死してしまう病気です。早急に治療を開始することにより重症化や後遺症を防ぐことができます。若くても発症することがあります。初期症状を見逃さないことが大切です。生活習慣の改善などにより発症を防ぐことができます。

Read More

早期に治療を受ける必要性

頭痛

脳梗塞は発症後、4時間半以内ならば最先端の治療を受けることができます。そのためには、脳梗塞の症状を知っておくことが重要となります。代表的な症状は、片手足、顔半分の痺れや麻痺、言語障害、視野障害です。これらの症状が現れたら、直ちに病院へ向かうべきです。

Read More

生活習慣病は予防できる

中年男性

現在の日本では2人に1人が生活習慣病を発症しています。生活習慣病の1つである脳血管疾患の中で最も多い脳梗塞は脳の一部が死んでしまう病気で、治療が遅れると命に関わることにもなりかねませんので、前兆症状があらわれた段階で早めに病院での検査そして治療を受けることが重要です。

Read More